海外移住前にソニー銀行で口座を作る

海外移住前にソニー銀行で口座を作る

海外移住するにあたって、日本で使っていた銀行口座をどうするか、移住後に日本円をどう管理していくか、ということを考えておく必要がある。

今まで私は基本的に「みずほ銀行」と「りそな銀行」を利用していた。

今までの仕事の給与の振り込みや使用しているクレジットカードなど、生活面で管理に問題はなかったから使い続けていたが、海外移住となるとそうもいかない。

ネットバンクの方が手数料も安いし、ネットでの管理画面も見やすく使いやすいだろから、ネットバンクをメインにした方がいいだろうな~とは、数年前から思っていた。

しかし、面倒くさくて手を付けていなかったのである 笑

この際、必要ないものは解約し、移住後に使いやすいだろうと考えられる銀行を一つに絞って管理した方が良いだろうと思った。

また、数年前にマイナンバーの導入があったが、今までずっと銀行口座の個人情報にマイナンバーは登録していなかった。

これからマイナンバーの登録が徹底されるし、基本的には日本居住者でないと日本の銀行口座は持てないことがほとんどである(日本から転出して日本の居住者ではなくなった場合、マイナンバーは付与されないので使えない)。口座を持てても、使える機能は制限される。

何にしても、これは移住前に整理しておいた方がよさそうだ。

…ということで選んだのが、ソニー銀行である。

スポンサーリンク

ソニー銀行を選んだ理由

ソニー銀行を選んだ理由は単純で、ネットバンクで使い勝手がよさそうだということと、日本の居住者でなくても銀行口座を持てるからである(利用できる機能は制限される)。

日本の居住者でないと口座は作れないようだが、海外移住前に口座を作っておけば、海外居住者になってからその旨を連絡すればOKなようなので、ソニー銀行に決めたのである。

また、登録情報の変更もネットから手軽にできるし、これからイギリス移住後にビザ申請などで何らかの証明書が必要になっても、今まで利用していた銀行よりもソニー銀行の方が楽に用意ができそうだと判断した。

想像通りではあるが、スマホにソニー銀行のアプリを入れて指紋認証などでログインできる手軽さと、使いやすさには今のところ満足である。

しかし、何よりソニー銀行に惹かれたのは「ソニーバンクウォレット(デビットカード)」のPlayStation designである 笑

ソニーバンクウォレットが素晴らしい

ゲーム好きであった私が惹かれないはずがないであろう、散々お世話になったプレイステーション。そのデザインは、持っているだけで私をハッピーにさせてくれる。

PlayStationをよく利用して遊ぶのであれば、それなりに恩恵は受けられるようであるが、今のところは私に必要だったのはこのデザインだけなので関係ない。

さて、海外移住者や頻繁に海外旅行へ行く人がソニーバンクウォレットを利用するメリットは、十分にある。

大きなメリットとしては、貯めた外貨を外貨のまま使えることである。

外貨預金の口座を持てば、このソニーバンクウォレット(デビットカード)の支払いを該当通貨でした場合、この外貨預金口座から引き落とされる。

私の場合はイギリスへ移住予定なので、イギリスポンドの外貨預金口座を持っておけば、イギリスポンドで支払えるのである。

この外貨預金口座からのソニーバンクウォレットでの支払いであれば、手数料は全くかからず、現地通貨を現地ATMから引き出す時に手数料が少しかかるだけで済むのはありがたい。

今まで使用していたクレジットカードで支払うよりも、手数料は格段に安く済む。現地通貨を引き出すのも、格段に安くできる。

当然イギリスへ移住すれば現地の口座も持つ予定ではあるが、日本円も持っておきたいし、両方の通貨で預金もしておきたいと考えているので、私には使い勝手が良い。

また、移住の際にいくらかは日本円からイギリスポンドへ両替することを考えても、ソニー銀行を利用するメリットは大いにある。

外貨預金口座開設後、2か月は手数料無料

移住前にソニー銀行で口座を作り、移住先の外貨預金口座を作っておくことをお勧めする理由が、これである。

外貨預金口座を開設してから約2か月は、為替コストが無料になる。

海外移住するならなおさら、これは利用しない手はない。

今まで海外旅行に行く際、現金にしろクレジットカード払いにしろ現地通貨の両替にはある程度のコストがかかっていたので、移住する時はどうしようかと考えていた。

現地通貨はほとんど持たずに行っても、現地に夫がいるので問題はないと思うが、いくらかは現地通貨を持っておきたい。

自分の預金を両替するにしてもコストがかかるし、日本円のままにしておいてクレジットカードで支払うのも高くついてしまう。

イギリスで何か金銭的な問題が起こったとき、直ぐに対応できるようにしておきたいと考えると、いくらかは自分が自由に使えるイギリスポンドが欲しかったのである。

そこで見つけたソニー銀行の外貨預金とソニーバンクウォレット。

移住の数か月前に口座開設をしてソニーバンクウォレットを手に入れ、移住の約2か月前に外貨預金口座を作り、為替コストなしで自分の預金を日本円からイギリスポンドに変えておく。

そうすれば、私がイギリスへ移住する際にかかる為替コストは最小限で済む。

日本の親戚からいただいた結婚祝いも、ポンドに変えておけば使いたいときに夫と使えるし、金額の目減りも少なく済むか、為替変動が味方すれば使える金額は増える。

因みに2019年9月現在でソニーバンクウォレットの取り扱い外貨は円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アランド、スウェーデンクローナ の10通貨である。

外貨の取引はスマホのアプリから簡単にできるので、上記10通貨の該当地域に移住・留学・旅行に行く人には、ソニー銀行の外貨預金とソニーバンクウォレットの利用がお勧めである。