妊娠してから子供の頃をよく思い出す…辛い

先月、ほんの数日だけつわりの症状がマシになった日があり、そのままつわりが終わっていくことを期待していた。

しかし、残念ながら体調が良かった日は長くは続かず、多くの人はつわりの症状が軽減されるとされる16週を過ぎても、つわりの症状は続いた。それでもつわりの症状は緩和されてきていたが、体調が悪い日々が数か月も続いたせいか、メンタルがやられている。

久しぶりの鬱状態だ。

妊娠してから眠りが浅くなることが多かったのだが、子供の頃に親から受けた仕打ちが夢に出てくるようになり、子どもの頃の辛い記憶ばかり思い出してしまう。自分も私の親のようになってしまわないかという不安と、子どもが産まれてから両親に何を言われるか・何をされるかを考えるだけで気が滅入ってしまう。

親がいるのは日本、私が暮らしているのはイギリスなのに、未だに子供の頃の経験が私を苦しめる。親は日本で暮らしているが、私の頭の中に住み着いていて中々離れない。妊娠してネガティブになっているから、つわりが辛くて精神的にも参っているから、機能不全家庭で育った自分が子どもをもつことに不安があるから…等、原因は色々考えられるが複雑な問題だ。

もう連絡を取らなければいい、絶縁してしまえばいいと何度も思ったが、そう簡単にはいかないのが親子関係の難しいところで、自分が弱っているときは特によく思い出し考えてしまう。子どもの頃に親から離れたい、日本から・家族から離れたいという思いをこじらせ、旅に出たい・旅人になりたい、漫画やアニメのように異世界に行ってこの世界から消えたい等と、ふざけたことを考えていたくらいだ。酷かった時は毎日自殺のことしか考えられなかった。

やりたいことやっていたら運よく国際結婚してイギリスに来ることになったのだから、もう親なんてどうでもいいじゃんと割り切れたらどんなに楽になるだろう。まだ何も答えが出ず、モヤモヤする日が続いている。

だたハッキリしているのは、子供は私が望んだことである、ということだ。

夫がいてくれるだけでも十分幸せで、元々結婚も子供も望んでいなかった私からしたら、子どもを持つ機会が与えられたことは奇跡に近い。せっかく与えられた機会なのだから生かしたいし、私が育った残念な家族とは違う、お互いを一人の人間として尊重し助け合える家族にしたい。

最小単位の共同体である「家族」が機能不全だと、どれだけ息苦しいか、生き辛いかが分かっているから、自分の親が作った家族にいつまでもしがみ付き、いつかは親が分かってくれるかもしれないといった幻想を抱くのは止め、自分で自分の家族を作るほうがいいのではないかと考えるようになった。これは夫のおかげだ。

たぶん、私にとって大きな挑戦になる。

夫婦関係、親子関係、子育てなど多くのことを学ぶ必要があるだろう。親が作った機能不全家庭の不幸の連鎖は、私で止めなければならない。

親がもう長くは生きない可能性があることが分かったので、よく考えた上で妊娠したことは伝えた。本当は妊娠も出産も何もかも連絡したくなかったが、先が短い親にそうすると後悔する気がしたからだった。表面上は当たり障りなく連絡を取り、時には親を心配するいい娘を演じているが、親から連絡がくるたびに怒りや失望のような、死にたくなるような殺したくなるような、複雑で処理できない感情に襲われる。

私たちの子は日本とイギリスのミックスになる。文化の違いや言語の問題は当然向き合う必要があるが、何より私が恐れているのは日本の親や家族から与えられるであろう悪影響だ。日本の男女差別、姉弟間差別からの孫差別、家族・親戚・友人・知り合いからの子供の容姿に関する指摘などで、どんなことでも子どもの親である私をこき下ろしてくるだろう。それによって精神的に不安定になる自分が子供にどう接するのか、考えただけで恐ろしい。

そのうち親の影響なんか気にならないほど、まだよく分からないイギリスの教育システムや子供の言語について、母親である私が日本人であるゆえの差別によって悩んだりするのだろう。日本の両親について考えてこんなにも自分の傷が疼くのは、子どもが小さく私が向き合う時間が長い時期だけかもしれない。

自分を守り、自分のいい状態を保って子供と接するほうがいいのだろう。だから私が育った残念な家庭の影響は、極力排除して生活したい。日本とイギリスで距離が離れているので気にしなければいいのだろうが、私の頭に住み着いた毒親は中々死んではくれない。連絡を絶てばマシになるだろうが、それでも私は苦しむだろう。

…うわー、引きこもりだった時ってこんな感じだった気がする。病んでるな 笑

大人になってからも親との関係に悩む人で、私のように自分の親が「毒親」だと気が付いた人も多くいるようだけれど、毒親のもとに生まれてしまったことを「親ガチャ失敗」という表現をしているのには笑ってしまった。こんな風に軽く笑い飛ばせれば良いのに。

でも、私たちは自分の意志でガチャに挑んだわけではない。自分で引き当てたわけじゃない。自分の意志は関係なく産まれ、赤ちゃんの頃のことなんて覚えてはおらず、気が付いたら辛い環境で弱い立場の子供として生きてた。

私も親になるのだから、自分だけでなく自分の家族も守らないと。その為に何ができるだろうか。

正解はないし、何が良くて何が悪かったかなんて後になってみないと分からないのだから、どんなことでも学習し成長し続けるしかない。よりよく生きるには、それしかない気がしている。

…その前に、出産に対してもかなりの恐怖を感じているのだが、これは自分にはどうにもできなさそうだから考えないようにしている。誰か代わってくれないかな。