2023.7 ブログ名を変更しました
丸投げは止めて!海外在住で日本からのイギリス旅行を受け入れるのは大変

丸投げは止めて!海外在住で日本からのイギリス旅行を受け入れるのは大変

約2か月前の5月、遂に日本から両親がやってきた。

両親とは特別仲が良いわけではないので、2週間に及ぶイギリス滞在はどうなることかと不安でいっぱいだったが、何とかやり切った。両親が来ると考えるだけでストレスだったので、イギリスに来る前から滞在中にかけてはまともな精神状態ではなく、夫がいなかったら絶対にできなかったと思う。

航空券から滞在場所の予約、私たち家族とのイギリス国内の小旅行とその他の観光のプラン作成、スケジュール決めや予算の見積もりまで、私がやった。1歳の娘がいる中で、高齢の両親と1歳の娘に負担がかからない様に考えながら、旅行代理店がやる仕事を夫と相談しながらやったので、かなりのストレスになった。正直に言うともうやりたくない。

更には建て替えて支払ったお金の円からポンドへの両替も地味にストレスで、入金してもらったのが円安が丁度進み始めた頃だったので両替の機会を逃してしまい、未だに円で持っておくしかない状態になっている。最近は1ポンド180円を超えているし、そのまま円で持っておいて、いつか日本に旅行に行くときに使うしかない。いつ行けるか分からないし、これも勘弁してほしい。

車で空港の送迎もしたし、私たちにできる限りのサポートをしたので、やり切った感はある。愚痴っぽくなってしまったが、やり切ったので後悔はないし来てもらえてよかったとは思う。やり切っただけあって、また来たいと思ってもらえるのは大変喜ばしい事だった。

でも、次に来るなら自分たちのことは自分で調べて、ある程度のことは自分でやって欲しい。「よく分からないし、何でもいいから」の一言で、後は私がやってくれると人任せなのだから、そりゃあ楽でいいよね 笑

私は調べて旅行に行くのが大好きだから、調べて予約したりプランを練ったりするのは不得意ではないけれど、自分が生きたくて行く場所だからワクワクしながらできるのだ。他の誰かのためにそれをやるのは、少なからずストレスになるのでやりたくない。今回は、孫に会いたいと初めて来てくれるわけだし、高齢の両親にとって初のヨーロッパ旅行を楽しいものにしてもらいたいという気持ちがあったから、私も積極的に協力した。

そして先日両親と話した時、2年後くらいにはにまたイギリスに来るつもりだと聞いて、戦慄した。

え…、またこれやるの…?無理だよ?笑

旅行って非日常で楽しい。私も旅行が好きだし、また行きたいと思う気持ちもよく分かる。でも、私たちはイギリスに住んでいてこちらでの日常がある中で、彼らの非日常のお手伝いをするのだから、少なからず負担にはなる。時間的にも、金銭的にも。

一緒に行く観光代、交通費、小旅行の宿泊費やその他もろもろ、更には夫が使った有給…その時間とお金を使って、私達だって非日常を楽しみたいと思うのは、別に悪い事ではないと思う。

もちろん、日本から会いに来てくれるのはありがたい事だし、日本食をいっぱい持ってきてもらったり、外食の食事代などを出してもらったりして、できる限りは私たちに負担にならない様にしてもらっていたとは思う。でも、また来てもらって、また観光案内やら小旅行やらしていたら、私たちが家族旅行に行けなくなってしまう。

両親は大事ではあるけれど、一番大事なのは私の家族である夫と娘なのだ。自分たちが初めての場所や行きたいところに行ってみたいし、娘が楽しめるところに行きたい。私にとって、限られた資源でやりたいことの優先順位は夫と娘が一番にくる。

だから、また両親がイギリスに来るなら今度は自力で調べてきて欲しい。ツアーの方が安いから今度はツアーにすると言っていたので、次は絶対にそうして欲しい。お願いします。

でも正直に言って、今回の旅行は娘である私がイギリスに住んでいるから、これだけ自由に車で移動して、普通に日本人が旅行に行くのではなかなか行けない場所にも行けたし、ホテルではなく私たちの住む場所に近いフラットを借りて滞在したり、夫の家族に会ったりと普通だったらできないことを体験できたから、特別楽しかったのだろうと思う。断言できるけれど、ツアーではこうはいかない。

ただふと思ったのは、ツアーにして自由時間が2日間となると、孫に会いたいというよりは観光に来たいというか、とにかく旅行がしたい!のだろうなということ。両親の滞在場所に娘を連れて私が行く形になるのだろう。まあ、息子家族と同居して常に孫が2人いるのだし、遠くにいて関わりの少ない孫とか、旅行に行く口実にはうってつけだよね、と思ってしまった 笑

観光をしたいにしても、今回の旅行を体験してからツアーでまた来るとか、私なら時間とお金がもったいなくてできないけれど…旅行って、こうやってハマっていくのだろう。また行きたい!どこかに行きたい!!って。

私もそうだった気がする。お金をためて家を買いたいのに、夫も私も結婚する前から旅行好きで旅行に行かないと頑張れない。我慢するべきなのだろうけれど、少しの楽しみがないと生きていけない。

…ということで、私たちは今年の11月、ローマに旅行に行くことにした。

娘が学校に通い始めたら旅費が高い時期にしか行けなくなるので、おそらく頻繁に旅行はできなくなるし、来年は私のイギリス永住権の申請があるので海外旅行は難しい…ということで、今年行くしかない!という結論に至ったのである。あとは、頑張ったご褒美 笑

永住権の申請にまたお金がかかるのに、旅行行っちゃうの?いつまでたっても家買えないよ?という心の声を無視して、趣味の旅行に時間とお金を使う。夫か私、どちらかでも止めとけって言えたらよかったのに…と思いつつ、せっかくなので楽しんで来ようと思う。