ヴィーガン向けのメニューが美味しすぎる

ヴィーガン向けのメニューが美味しすぎる

イギリスへ移住して1か月が経つ。

この短期間に3キロも太ってしまったので、食事の見直しと運動する時間を設け、早めに健康的な元の体型に戻そうと頑張っているところである。

そんな中、先日、夫と近所のパブで夕食を食べたのだが、そこで初めてヴィーガン向けのメニューを食べてみることになった。

ヴィーガン向けだからとか関係なく、その場でたまたま食べたいと思ったものが、ヴィーガン向けのメニューだったのだ。

スポンサーリンク

イギリスでヴィーガン向けのメニューを初体験

国内外関わらず、ヴィーガン向けのメニューを食べるのは初めてだった。

以前住んでいた日本よりもイギリスなどのヨーロッパの方が、ヴィーガン向けのメニューを用意しているレストランは、きっと多いのだろう。他のパブに併設されたレストランでも、ヴィーガン向けのメニューが用意されていた。

今回食べたのは、こちらのメニュー、

「チーズとカボチャのタルト」にサラダとポテトがのせられている。

毎度のことであるが一人分の量が多いので、今回も食べきることはできずにポテトを数個残してしまったが、とても美味しかった。

今までイギリスのレストランで食べたものの中で、1番美味しかった。まさかヴィーガン向けのメニューが、ここまで美味しいとは思っていなかった。

でも考えてみれば、こういったヴィーガン向けのメニューが発達している地域であれば、それは美味しくもなるだろう。

大きくなった体のこともあるし、お肉ガッツリ・ポテトたっぷりの通常メニューより、これからヴィーガン向けのメニューをかなり楽しめるのではないだろうか。

因みに今までイギリスのレストランで食べていたものは、こんな感じ。

お肉とかバンバーガーに、少量の野菜とポテトなどがのっている、見ての通りのガッツリ系である。そして食べきれない。

もっと年齢を重ねたら尚更、こんなにガッツリしたメニューは体が受け付けない気がする。

せっかくヴィーガン向けのメニューが至る所で選べるのだから、これから機会があればヴィーガン向けのメニューも楽しんでいこうと思う。

因みに、レストラン・パブはクリスマス仕様

11月に入ってからは、どこもクリスマスのデコレーションがされていて、見ていて楽しい。

美味しいヴィーガンメニューを提供してくれたパブ・レストラン。

こういうパブで飲みものを飲みながら、もっと英語で会話できたらいいのになあ、と思わずにはいられなかった。