真っ赤なお召を着る3

真っ赤なお召を着る3

今日はこのお召に袋帯を合わせて着た。一度、試しに合わせてみたかった組み合わせである。

色合いとかは問題なさそうだけれど、他の帯の方が合う…という組み合わせをたまに着るのが楽しい。べストな組み合わせではなくとも、色合わせやバランス等、意外なことに気が付けることがあるからだ。

今回はまあ、うん。こんなもんだよね。

この着物も中古でサイズ感が若干合わないので、どうも着にくい。前幅や後ろ幅をそんなに意識することはないけれど、この着物はたぶんそのバランスが自分の体型に合わない。

中古でサイズの合わない着物は、別に普段着る分にはいいけれど、畏まった場には着ていけない。洋服でもそうだが、ちゃんとした場所ではその場にあったものであることに加えて、自分に合ったサイズのものを着ないときちんと感が出ない。

でも、きちんとした場に行く機会なんてそうそうないので、いくらでも楽しめる。まだまだ着ちゃう。コロナウイルスの影響もそんなにないし、引きこもり万歳。